青物狙いのライトショアジギングぶろぐ!

全くのショアジギング初心者がハマチ、サゴシなどの青物を釣れるようになる過程や、商品のレビュー、釣果情報などをアップしていきます。 ぜひコメントしていってくださいね!

ダイワのジギングリール「ヴァデル 3500H」レビュー‼︎ EM MS(エンブレムマグシールド)との違いは?!

  • このぶろぐをみてくださっている皆さん、おはようございますこんにちはそしてこんばんは!

今回はレビュー記事には遅すぎるかもしれませんが、僕が現在使っているダイワのスピニングリール「VADEL 3500H」について書きたいと思います。

f:id:Kaede-Fishing:20161006222858j:plain

オフショアルアーゲーム入門に最適な『マグシールド』搭載パワフルリール

ダイワの防水・耐久テクノロジー『マグシールド』の登場により、オフショアリールでは防水構造+滑らかな回転性能は当たり前の時代に突入。これまでは上位機種に限られていたが、ついにエントリークラスにも採用され、ダイワのオフショアスピニングリールは全て『マグシールド』搭載となった。ボディはフラッグシップモデル「ソルティガ」同様に剛性の高いスーパーメタルを採用しているが、デザインは一線を画す細身でシャープなシルエットに、パワーライトLノブを標準装備。エアローターやUTD(アルティメットトーナメントドラグ)など、オフショアルアーゲームに欠かせない機能を網羅し、快適に釣りが楽しめる。カツオやシイラ、青物をターゲットとしたキャスティングゲームやライトジギング、あるいは海上釣堀など、幅広く楽しめるアイテムをラインナップ。

公式ホームページから引用しました。

僕はショアジギングに使用していますが、これを見るとそれ以外にも汎用性が高く、入門機としては最高のようですね!

しかも見た目もカッコいい!

巻き取り量の多いハイギヤですがタチウオも余裕で釣ることができます。

ヴァデルは2015年発表のスピニングリールで、エントリークラスのモデルながらマグシールドを搭載する最安のものです。

 

マグシールドとはダイワが高級機種に導入している防水防塵技術のことです。

水で流すだけでもいいというメンテナンスの手軽さが大きな武器ですね。

最近ではEMMSなども出ましたが、コストの面ではこちらが勝っています。

これよりほんのすこし安いフリームスはショアジギング向きの大きさがないため考えていませんが、シーバス入門には最高だと思います。

フリームス3012Hなら使えないことはないですが大物が掛かった時のことも考えるとヴァデルがおすすめですよ。

このヴァデル、いいところが沢山あります。僕がこのリールを好きな理由をポイント順に書きます。EMMSのスペックとも比べてみました。

  • ボディ素材
  • ドラグ性能
  • ハンドル
  • メンテナンス性
  • 用途

以上の項目に絞って書きたいと思います。

 

ボディ素材について

ヴァデルはスーパーメタルボディです。

ダイワの高級機にはZAION(ザイオン)という軽量素材が使われてるものも多いので、ヴァデルは重め(400g前後)になります。

EM MSはザイオン素材ということで軽量(340g)になっているので軽い方が楽でいいというかたはそちらがおすすめです。

しかし、ヴァデルはもともとオフショアジギング用として売られているもので、強度を追求したものなのです。

その剛性の高さはショアジギングでも役に立つこと間違い無しです!

ショアからでは獲ることができないような大物が釣りたくなったら、替えスプールを買っておいたり、巻き替えさえすればオフショアでも使用ができるという点でもこのヴァデルは本当におすすめです。

 

ドラグ性能について

ヴァデルはUTD(アルティメットトーナメントドラグ)です。

EM MSを含め新型のスピニングリールはATD(オートマチックドラグシステム)が実装されていますよね。

しかし、UTDでも青物を釣るのに全く支障がありません。

実際に短時間で多めの青物を釣った時も、ドラグの調整はそんなに必要ありませんでした。

 

ハンドルについて

 ヴァデルと同じ価格帯のリールは、普通大きくてもT字ノブです。

しかし、このヴァデルははじめからラウンドノブ(パワーハンドル)が搭載されています!

ラウンドノブは触ると分かると思いますが、 

握りやすいです。

他の汎用スピニングリールなどを買ってハンドルを変えることを考えると、とてもお得ですね。

 

メンテナンス性

マグシールドを搭載しているので、シャワーを使った簡単な洗浄で十分です。

僕がヴァデルを使いはじめてから約1年たちますが、いまのところ性能に全く問題はありません。

ただし、ベールを動かすと音がするようになってきたので時々マグシールド以外のところは分解して整備(洗浄・注油)するのがよいでしょう。  

→原因がわかりました。

ベールが曲がっていたのを直したら音がならなくなってベール返りもほとんどなくなったので一応確認しておくことをおすすめします。

 

用途について

はじめにも書きましたが、ヴァデルは主にオフショアジギング用のリールとして販売されています。

しかし、その剛性やドラグ性能はショアジギングや海上釣り堀でも活かすことができます。

というわけで、ショアジギングだけでなくオフショアでも使うかもしれないという方にはおすすめの1台です。

もちろんそのときはラインを交換する必要があるので、頻繁に使い分けたいという場合は巻き直すための機械か替えスプールの購入もおすすめします。

 

結論として、軽量のEM MSと剛性のVADELといったところでしょうか。

ライトなショアジギングでは剛性がそこまで必要ないと思うのでLSJには軽量のEM MSがいいような気もします。 

ヴァデルだと少々大物が来ても大丈夫というのと、ステップアップして少しヘビーなショアジギングに切り替えていく際も先重りが起こりにくい重さではないかなと思います。

 

ショアジギングにはこのサイズがおすすめ!

 

汎用替えスプールは非常に高価なので...

 

これがおすすめです。

釣行後のまき直しで糸よれを解消したり、ラインを巻く向きを替えたりして長持ちさせることができます。

 

少し高価ですがベアリングを追加するキットも売られています。

余裕ができたら試してみたいと思います。

 

 ちなみに、紹介している商品の画像はアマゾンページへのリンクになっているので詳細を見たい方は是非!

アマゾンプライムに加入(もしくは無料体験)している間は送料が無料になりますし、すぐに届けてくれるので釣行にも間に合いますよ!

 

釣行前や道具、場所選びの際にはこのぶろぐを参考にしてみてくださいね!

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 

ぶろぐ村に登録したのでよかったらクリックお願いします(^^)

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

それではまた (^^)ノシ