読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青物狙いのライトショアジギングぶろぐ!

全くのショアジギング初心者がハマチ、サゴシなどの青物を釣れるようになる過程や、商品のレビュー、釣果情報などをアップしていきます。 ぜひコメントしていってくださいね!

ショアジギングで青物を釣るコツ! ワンピッチジャークのやり方! フォールで喰わせるってどういう意味?

アジュール舞子 ライトショアジギング アクションの秘訣 青物(ハマチ、サワラ) におすすめ

このブログを見てくださっている皆さん、おはようございますこんにちは、こんばんは!

今回はショアジギングで最も多用するワンピッチジャークと呼ばれるアクションについて解説したいと思います。

ワンピッチジャークというのは一回のジャーク(竿を一振り動かす)につき一回転リールを回すアクションです。

動きは多様で、タイミングは決まっているわけではありません。

正直言って、これさえできれば青物は釣れます!!!


今回は僕の考え方に基づいたアクション解説なので、人によって考え方が違う場合もありますが、参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

ワンピッチジャークは一定のリズムを持って行うので、一番やりやすく疲れにくいアクションで、長時間続けることができます。

しかし、一口にワンピッチジャークといっても誘い方にはすこ〜し違いがあるのです。

どうやったら青物が反応するのか、僕なりの考えをこれから解説していきましょう。

と、その前に。

皆さん、家でアクションについて考える時素振りしてますか?笑

ぜひパソコン(あるいはスマホ、あるいは...?)の前でロッドを脇に挟みながら考えてみてください笑

ではさっそく本題に入ります。

ワンピッチジャークに限らず、ショアジギングのアクションで重要なことはキレのある跳ね上げです。

なんとかしてジグを勢い良く跳ね上げさせる(ジャークする)ことが重要です。 

リアクションバイトを誘うことができます。

 

そのためにはどうするか

ロッドの反発力を活かしてする方法がおすすめです。

ロッドを上に振るのではなくティップ部分だけ下に瞬間的に動かすようなつもりで振ります。また、この時に糸フケが出ないように(糸がたるまないように)リールを回転させます。この時のリール操作は「ワンピッチジャーク」ならどのようにやっても構いません。

これがさっき多様だと言った理由でもあります。

で、跳ね上げた後の動きは2つに分かれます。

一つ目、糸フケを出さないように連続でジャークする

こちらは早くやるとジャカジャカ巻きとも呼ばれますが、スピーディな動きで魚にアピールします。

イメージとしては

f:id:Kaede-Fishing:20161111224203p:plain

こんな感じです。

 

もう一つ、糸フケを出しながら大きく跳ね上げる(ジャークする)

僕のおすすめは断然こちらです。

イメージとしては

f:id:Kaede-Fishing:20161111224454p:plain

こうです。

ワインドと似たような動かし方ですがフォール(ダート)が違います。

さっきとは違ってジャークごとの間にジグがフリーフォールするのです。

実はこれが抜群の食わせアピールだったんです。

ゆえに、ひらひらとフォールするセンターバランスのジグがベストマッチなのです。

また、フリーフォールで食ってきた場合どのようなメリットがあるか。

例えば長時間アクションを続けていて、気をぬいていた時やよそ見していた時に魚がかかったとしても、次のジャークがアワセになってくれるのです。

これはあまりうまくいかないこともありますが、僕はこんな風に予想しています。

 

 

ここまで書いてきましたが、必ずどちらかしかやってはいけないというわけではありません。

朝まずめなどチャンスの多い、狙って釣れるような時間帯には意図的な組み合わせが効果抜群の時もあります。

ジャカジャカ巻きで追わせてスローピッチなワンピッチジャークで食わせる!とかです。

「追わせて食わせる」のを考えてみるのも楽しみの一つですね。

狙って釣れたら嬉しさ倍増、がんばりましょう!

 

 

釣行前や道具、場所選びの際にはこのぶろぐを参考にしてみてくださいね!

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 

ぶろぐ村に登録したのでよかったらこちらもクリックお願いします(^^)

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

それではまた (^^)ノシ