青物狙いのライトショアジギングぶろぐ!

ショアジギング について主に書いています。更新は不定期ですが、主に釣りものの多い秋に多いです。現在過去の記事を読みやすいように編集し直しています。

【第三回ショアジギング 遠征 】神津島に行けなかったので、下田の沖磯に行きました。(後編)【神子元島】

今回は前回の続きで、釣行時の様子をリポートしたいと思います。

 

神子元島へは下田港から渡船が出ています。

電車釣行なので、東京駅からJRと伊豆急を乗り継いで伊豆急下田駅に向かいます。

今回往路はゆっくり行きたかったのですが踊り子号が早い時間しかなかったため、

東京駅→熱海駅熱海駅伊東駅伊東駅伊豆急下田駅と乗り継ぎました。

感想としては、かなり疲れるのでお勧めできません。

復路では踊り子号を利用し、伊豆急下田駅から東京駅まで乗りましたがこちらの方が圧倒的に楽でした。

寝てたら着く、早く着くでいいことしかないので絶対に踊り子号に乗ってください。

 

下田について駅前のビジネスホテルで一眠りしたら、

いよいよ神子元島に向かいます。

季節によって変動するかもですが、集合時間が4時の出船が4時半でした。

この日は自分たちを含めて合計で8人くらい、全員ルアーでした。

ポイントがいくつかあるのですが、海が荒れているということで選択肢が二つしかなく

初めてだったので船長のおすすめで本場(?)かなんかで降りることになりました。

ざっと見て釣りがしやすそうなところを見つけ、離島用のタックルをセットしていると

早速頭から波を被りました。

結構足場高いのに、ヤバイかもと思いつつ、準備を進めます。

雨が降ることはわかっていたのでレインウェアを着てきてよかったと思えるほどの雨と波です。

f:id:Kaede-Fishing:20210830181615j:plain

ちなみに、立ち位置はこの写真で思いっきり波が当たっている場所です(笑)

こう見えて海面から5mくらいはあるので、かなり荒れていることがわかってもらえるのではないでしょうか。

様子見しつつキャストしますが、潮は表面の荒れ具合に反して意外にもスカスカ…

釣れる気がしない…

そうは言っても初めての場所なので、どんなことがあるかわからないと自分に言い聞かせ投げ続けますがなんせ海が荒れて頭から波をかぶるので気力が持ちませんでした。

数時間して諦め、座って寝ました(笑)

f:id:Kaede-Fishing:20210830182135j:plain

神子元島の中心にあるこの灯台は150年の歴史があるそうで、せっかくだからと友人と散歩がてら他のポイントを探します。

風裏に回ってきてみると、見事に無風でした。

喜んでキャストするも、こちらはとても浅い模様…

うーん、うまくいかないなぁ

 

なんやかんやで時間を潰し、磯上がりまでのこり一時間になってしまいました。

友人が寝ている間にキャストしてみると、潮が動き出したような?

ジグにかかる抵抗が増え、雰囲気が出てきました。

それに同調するかのように海が荒れ出しており僕が最初立った場所では釣りにならなくなってきていたのですが、

寝ている友人のポイントでキャストを続けていると、ようやくヒット!!

初めてソルパラが曲がりました!

巻いてくると、青物がかかっていました。

見たところ50~60cmくらいのツムブリです!

ソルパラ、なかなかやれる…!

やっときたと思い大興奮で巻き上げ、抜きあげたのですが。。

強引に持ち上げたところ針が外れバラしてしまいました…(T.T)

なんか細長くて青いラインが入ってました(T.T)

初めての魚かけたのに悔しすぎる(T.T)

 

ちょうど友人も起きてきたので、場所を譲って交代でキャストすることに

友人も魚をかけますがなにせ海が荒れていて簡単に降りられないし、

磯特有の足元に張り出す根が邪魔でなかなか上げることができません。

一時間で僕は4バラシでした(T.T)

そんな中友人がついにカンパチ(ショゴ)を釣り上げました。

いいなぁ

f:id:Kaede-Fishing:20210830183153j:plain

僕もなんとかして釣りたいと頑張ったのですが、なかなかうまく行きません。

海は先ほどに増して荒れており、これ迎え来られへんのちゃうかとも思ったのですが

願いが届かず、迎えの船がしっかりときてしまい終了となりました。

操船技術すごいですね。

かなり荒れていたのに船を磯にピタリとつけ回収してくれました。

ありがとうございます。

f:id:Kaede-Fishing:20210830183535j:plain

ありがとう神子元島。

最後の一時間はかなり濃かったので、満足できました。

またリベンジするぞ!と思いながら港に帰ると、

予定していた翌日と翌々日は出船しないとのこと(T.T)

もっと荒れて人が死ぬレベルになるそうなので、予定を早めて帰宅することになりました。

最終日は下田の漁港でご飯を満喫し、日本最大級の檜風呂を満喫して帰りました。

f:id:Kaede-Fishing:20210830184023j:plain

朝限定の650円で食べられる地魚丼。

この日はアジのたたきでした。めっちゃ美味!

f:id:Kaede-Fishing:20210830184105j:plain

これはお昼の金目鯛の天ぷら丼です。

下田港は金目鯛の水揚げが日本一だそうで、たくさんメニューがありました。

これもめちゃうまです。

金目鯛といえば煮付けだと思っていましたが、刺身や天ぷらもかなーりおいしいかもです。

f:id:Kaede-Fishing:20210830184315j:plain

帰りの踊り子号は空いていて、荷物も困ることなく爆睡できました。

初めての神子元島、荒れていて命の危険を感じることもありましたが

振り返ってみるとなかなか楽しめました。

宿泊したホテルの方に温泉のことを教えてもらったり、渡船の方に荷物を運ぶのを手伝っていただいたりとたくさんの方に助けられとてもいい経験ができたと思います。ありがたいです。

青物をあげられなかったのだけが唯一の心残りですね

いつかまたリベンジするで!

では。

 

 

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 ぶろぐ村に登録しているのでよかったらクリックお願いします(^^) 

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村