読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青物狙いのライトショアジギングぶろぐ!

全くのショアジギング初心者がハマチ、サゴシなどの青物を釣れるようになる過程や、商品のレビュー、釣果情報などをアップしていきます。 ぜひコメントしていってくださいね!

更新遅れてしまってすみません。 + ストラディック買ってよかった。

商品紹介 少し遅めですが 感想です 考察

お久しぶりです。

前回の記事から1ヶ月以上間が空いてしまいました。

神戸において冬の時期ショアジギングで青物を狙うのは無謀というか、おそらく釣れません。

というわけで青物関係の情報を期待されていた方は本当にごめんなさい。

という言い逃れはさておき、前回の記事ではストラディックを使います!と言って結果などを報告していませんでしたのでここで書こうと思います。

 

結果からいうとボウズです、ハイ。

人生同様釣りもそんなに甘いものじゃないんですね(受け売り)

回遊魚を狙うショアジギングとは違って釣れなかった時の言い訳というか責任を他に押し付けることができませんので、素直に認めます。下手です笑

ナブラや鳥山みたいに獲物の存在を視覚的に感じながらとりあえず勢いが大事なショアジギング(主観)とは真逆で、視覚的情報に頼ることのできないナイトゲームで指先の繊細な感覚が頼りというメバリング(主観)はなかなか難しいところがありますが、これからも挑戦してみようと思います。

そろそろいい時期だとも思いますし。

 

で、ストラディックに関してですが。

魚をかけて見なければわからない部分も多くありますがとりあえずわかる範囲でいいなと思うところと不満を書こうと思います。

いいと思ったところ

・バランスがイイ!(先重りしない)

僕はメバリングにいいロッドを買う気はあまりないので(怠慢)どうしてもロッド重量が重くなってしまいます。そんな時も剛性重視ハガネボディのストラディックなら安心です。先重りしません。

ハイエンドモデルにはふさわしくないと思いますが先重りに苦しむことはありません。

・ベール周りがイイ!

細いラインを多用するライトゲームではベール周りの精度が重要だと思います。できるだけ引っ掛からないようなものがいいと思います。その点シマノさんのワンピースベールはありがたいですね。

また、開き角度も大きいのでキャスト時のベール返りトラブルも起こらないだろうと感じました。

 

悪いと思ったところ

・ドラグ調整が大雑把?

かけていないのでなんとも言えませんがドラグノブを回すとドラグ力が結構変わるので、焦ってドラグを締めすぎたなんてことにならないか少し心配です。

誰ですかいま取らぬ狸の皮算用って言ったの

 

感想といえばこんな感じです。

釣行回数も少ないので(言い訳)薄っぺらい感想で申し訳ないのですが参考になればと思います。

 

 

ではでは!

 

アジング、メバリング用に15ストラディック1000S を買いました。

このブログをみてくださってありがとうございます。

 

寒くなってきたいまの時期、皆さんはどのような釣りをされていますか?

僕の住んでいる神戸ではすっかり寒くなってしまい青物の情報はほとんど聞きません。

いまの時期(ショアジギングが渋い時期)にどんな釣りをして過ごすか、、、

 

というわけで冬〜春の釣りのひとつ、メバリングを考えたわけです。

メバリングを始めようと思ったきっかけはYoutubeです。(考えが浅いですね笑)

釣り関連の動画をみていると、メジャークラフトのライトゲーム動画が関連動画ででてきました。

www.youtube.com

これが非常に良くできていて、動画をみていると自分でもできるんじゃないかと思ってしまうわけです。なんといってもテンポがいい。すごい。

 

僕は以前にも一度ライトゲームをやろうと思ったことがあって専用ロッド(ソルパラ SPS-S792M )は持っています。

リールの方はというと...

 
f:id:Kaede-Fishing:20170115121045j:image

ハイ笑

どうしてこんなことになったかといえば細糸でサビキ釣りに使ったからです。

運の悪いことにこのリールを使った日は20cm前後のサバが入れ食いだったので、仕掛け切れが多発してしまいこんな姿になってしまいました。

こんな状態ではもちろん...ラインの...

f:id:Kaede-Fishing:20170115115322j:plain

 

考えてみるとショアジギングとメバリング(またはアジング)は時期があまり重ならないということに気がつきました。

じゃあ買ってしまおうということで買ったのがこのリールです。

番手についてはシマノの公式動画でアングラーの方がストラデックの1000Sを使っていたのでこの番手にしました。

ソルパラの大口径ガイドにはバランスが悪いかもしれませんがそのうち(うまくなれば)ソアレBBなんかも考えているのでイイんです。

 

どうしてストラディックにしたかという理由は幾つかあるのですがそれは17日の実釣で確かめてから書きたいと思います。

では今回の記事はこの辺で終わります。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

それではまた (^^)ノシ

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます!

2016年にこのブログをはじめましたが毎日見てくださっている方がいて、本当にありがたい限りです。

今年も精一杯ブログを続けていこうと思いますので、これからもよろしくお願いします。

 

須磨海釣り公園で釣り納め ショアジギングでアノ魚が...!

この記事を見てくださっている方、おはようございますこんにちはこんばんは。

今回は久しぶりに釣行記です。

年末ですが、寒ブリが食べたい!という気持ちからまだまだショアジギングを続けています笑

 

最近メジャークラフトのショアジギング専用ロッドMHのものを購入したので、メインは60gのジグです。

ロッドについては後日書きます。

で、ジグは何にしようか迷っていたのですが、とりあえず人気の撃投ジグレベルとエアロをチョイスしました。

ジグパラの60gも持っていますが別のものも使ってみたくなり買ったのですがなかなか良いです。

 
f:id:Kaede-Fishing:20161230124803j:image

青物狙いならマヅメは外せないだろうこいうことで朝一(7時)から入場しました。

須磨海釣り公園でショアジギングをしたことはなかったのですが、意外とやりやすかったです。

思ったよりも水深が浅くジグが流されることもありませんでした。

が、ナブラ・ボイルその他青物の反応はありません、、、

ベイトフィッシュも浮いていなかったので底を重点的に攻めて行きましたがヒットもありませんでした。

それにしても結構しんどいですね、、、

60gを使い続けるのがこんなにしんどいとは。

タックルバランスは悪くないはずなので(重量的に)、キャストは本当に楽なのですがしゃくり続けると結構腕にきます。

途中友人のLSJタックルと交換してみたりしましたが、やっぱり全然違います。

まあ、友人のリールはカルディアなので軽くて当たり前なんですが笑

一度友人のタックルでヒット(?)するも合わせが決まらずドラグが出るだけで終わってしまいました笑

元に戻して数投、撃投ジグエアロの高速ジャカジャカ巻きで回収直前に何か違和感が...

ちょっと重くて頭を振っているような感触です。

ほとんど抵抗することなく一瞬で上がってきました。

そうです。

 
f:id:Kaede-Fishing:20161230124714j:image

E・S・O!

実は僕、この魚を釣ったのは初めてです笑

結構大きく、40cmはあったと思いますがどうせ食べないので即リリースしました笑

フロントフックが上顎にフッキングしてました。

そのあとは魚の反応もなく、11時になったため帰りました。

 

今回使ったタックル

ロッド:

本当はこれのMH仕様ですがまだ取り扱っていないようです。

リール:

ラインシステムはPE1.5号にフロロ20ポンドリーダーです。

ルアー:

ネットで撃投ジグの方がジグパラよりも数m飛ぶという評価を見たので買ってみたのですが、確かに飛行姿勢が安定しやすいです。飛びはじめが少しぶれていてもブレが大きくなるどころか収まったのには驚きましたね。

飛距離重視のエアロ、フォールアピール重視のレベルがあります。

フック:フロントフックとして

激闘ジグ60gにもジグパラにも合います。ジグへの抱きつきはありませんでした。

 

 

釣行前や道具、場所選びの際にはこのぶろぐを参考にしてみてくださいね!

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

それではまた (^^)ノシ

 

 

 

 

 

青物、タチウオ狙いで使うスナップについて 〜LSJにおすすめのスナップはコレだ!〜

ライトショアジギング におすすめ 商品紹介 青物(ハマチ、サワラ)

このブログを見てくださっている方、どうもこんにちは。

今回はLSJなどのルアーフィッシングで使うスナップについて書きたいと思います。

 

スナップを使う理由

短い時合を逃さないように、素早くルアーチェンジをする必要がある時に重要になってきます。

特にシーズン終盤のタチウオは時合が短い場合が多く、カラーチェンジや種類の変更で獲れる数が変わります。

スナップを使っていれば、攻め方の多いタチウオの場合テンヤ→ジグ→メタルバイブ→ワインドなどのようにローテーションしやすいですね。

LSJタックルならば上記の釣法は全て可能で、出来る限り多くの手をつくすためにもスナップをつけることをおすすめします。

ジグオンリーの場合はスプリットリングを介して行う方が強度的にも安心です。

このことは後日記事に書こうと思います。

 

スナップの種類

店でよく売られているスナップの種類は2つです。(LSJ用)

 
f:id:Kaede-Fishing:20161217203505j:image

写真の左側と右側、構造が違いますよね。

メタルバイブなんかについてくるものは右側の形のものが多いと思いますが、左側の形のスナップも売られています。

使ってみましたが、どちらも強度的には問題ありません。

僕の感想としては右側の形の方が開閉しやすくおすすめです。

左側の方は勝手に外れることがない構造なのですが、右側でも勝手に外れることはありませんでした。

というか、左側のスナップ固すぎ!(怒)

冬に開けようと思ったら手が痛くなります笑

ということで僕はいつも右側の形のものを使っています。

 

僕が使っているおすすめのスナップは

 コチラ!

たくさん入っているのでコスパがいいです。

ハマチを連続で釣った時も問題ない強度で、店頭で買うよりも安いのでおすすめですよ。

 

 

 

釣行前や道具、場所選びの際にはこのぶろぐを参考にしてみてくださいね!

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 

ぶろぐ村に登録したのでよかったらこちらもクリックお願いします(^^)

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

それではまた (^^)ノシ

 

 

 

 

 

 

 

2016年末おすすめの低〜中価格帯ショアジギングロッド  ロッド検討中...

アジュール舞子 ライトショアジギング 商品紹介 考察 青物(ハマチ、サワラ) におすすめ

お久しぶりです。

更新が遅くなってしまってすみませんm(_ _)m

 

最近全国的に冷え込んでいるようですが神戸もめちゃくちゃ寒いです。

ショアからの青物の釣果も減ってきていて、釣ろうと思ったら沖堤防に行かないと少し厳しいような気がしますね。

 

今回は残念ながら釣行記ではなく2016年末段階でのショアジギングロッドについて考える記事です。

というのも、最近のアジュール舞子釣行で、LSJタックルではまともに底が取れないということが多かったからです。

その中でも上限ぴったりの60gでは成果が出ていました。

 

hobbyfishing.hatenablog.com

 ということで、今回はLSJ(ライトショアジギング)ではなく普通の、と言っても防波堤からの少しヘビー目なショアジギングロッドについて書きたいと思います。

 

今回想定しているフィールドはもちろん磯、ではなく防波堤です。

 

防波堤からの場合、根ズレによるラインブレイクが起こることはまずありません(テトラが多いところや横走りでのラインブレイクもあり得ますが。)

防波堤からだと、硬さはMH(対応ジグ60g前後)であればどんな魚が来ても基本大丈夫だと思います。魚を寄せるということではLSJタックルでも問題ないとも言えます。

 

わざわざ少しヘビーなタックルに変える理由はいくつかあると思います。

  • 潮が速く、重いジグを使う必要がある場合
  • 混雑した釣り場で、大物をなるべく速く寄せる必要がある場合

 

僕の場合は完全に、重いジグを使うためです。

アジュール舞子は特に海峡の釣り場ということもあってか魚種が豊富な分、潮流が早いのです。潮の流れが緩い時もあれば早い時もありますが、せっかく行ったのにジグが流されて釣りにならないというのはもったいないので、重いジグが投げられるものも持っておきたいということで購入を検討しました。

特に、低価格帯のロッドが充実している大手メーカーから検討しています。

 

ということで候補は...

1 メジャークラフト ソルパラ SPS-1062MH

 

言わずと知れた人気ロッド。

メジャークラフトは折れやすいと言われることがありますが、このソルパラは重量から見てもグラス成分が多いのか、かなり頑丈です。

僕のソルパラアジングロッドは初心者の頃に結構雑な扱いをしていたのですが全く問題ありません。

重いということを除けば、ショアジギング専用設計のグリップやテーパーなど、使いやすさは十分だと思います!

 

 

2 ダイワ ジグキャスター MX 106MH

 

ダイワのショアジギング専用ロッド。

X45というダイワテクノロジー搭載の、コスパがいいモデルです。

グリップの形状が他のショアジギングロッドとは違って分割されていることが上の写真からもわかりますが、これはショアジギングをする上で全く問題ありませんでした。

むしろ、軽量化という面で役割を果たしていると思います。

が、リール固定具が少し弱いかな、という印象を受けます。ショアジギングをしていると緩んでくることがあるのですが、ここを除けばコスパ抜群のロッドだと思います。

上位機種にショアスパルタンというものもあります。

 

3 シマノ コルトスナイパー S1000MH

 

 シマノのショアジギング専用ロッド。

2015年のモデルチェンジでスパイラルXなる新技術が搭載され、パワー抜群のロッドのようです。

アジュール舞子ではめちゃくちゃよく見かけます。ショアジギングをしている人の大半はこの竿です。

重さも軽い部類に入るので疲れにくいと思います。

 

4 メジャークラフト エヌワン (NSS-1003MH)

 

画像はLSJモデルですが、このエヌワンには現時点でHP未発表のショアジギングMH,H調子のものがあります!3ピースモデルやプラッギングモデルもあるようです。

このロッドの最大の目玉は「ナノカーボン」です。

東レが開発した技術を用いて作られたカーボンで、今までのものとはいろいろな違いがあるようです。詳細はHPでご確認下さい。

クロスフォースというX状の補強はバット部分だけですが、ナノカーボンが軽量であるということもあって3ピースモデルMHのロッド重量は280gほどで、疲れにくいと言えますね。

 

 

最終的に、メジャークラフトのエヌワンを購入したので、実際に使用した後で細かく書きたいと思います。

 

 

 

釣行前や道具、場所選びの際にはこのぶろぐを参考にしてみてくださいね!

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 

ぶろぐ村に登録したのでよかったらこちらもクリックお願いします(^^)

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

それではまた (^^)ノシ

 

 

 

 

 

 

ショアジギングで青物を釣るコツ! ワンピッチジャークのやり方! フォールで喰わせるってどういう意味?

アジュール舞子 ライトショアジギング アクションの秘訣 青物(ハマチ、サワラ) におすすめ

このブログを見てくださっている皆さん、おはようございますこんにちは、こんばんは!

今回はショアジギングで最も多用するワンピッチジャークと呼ばれるアクションについて解説したいと思います。

ワンピッチジャークというのは一回のジャーク(竿を一振り動かす)につき一回転リールを回すアクションです。

動きは多様で、タイミングは決まっているわけではありません。

正直言って、これさえできれば青物は釣れます!!!


今回は僕の考え方に基づいたアクション解説なので、人によって考え方が違う場合もありますが、参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

ワンピッチジャークは一定のリズムを持って行うので、一番やりやすく疲れにくいアクションで、長時間続けることができます。

しかし、一口にワンピッチジャークといっても誘い方にはすこ〜し違いがあるのです。

どうやったら青物が反応するのか、僕なりの考えをこれから解説していきましょう。

と、その前に。

皆さん、家でアクションについて考える時素振りしてますか?笑

ぜひパソコン(あるいはスマホ、あるいは...?)の前でロッドを脇に挟みながら考えてみてください笑

続きを読む