青物狙いのライトショアジギングぶろぐ!

ショアジギング について主に書いています。更新は不定期ですが、主に釣りものの多い秋に多いです。現在過去の記事を読みやすいように編集し直しています。

【タックル考察】ジグキャスターMX 96M 使用レポート! ライトショアジギングに最適。 タチウオ、青物がコレ一本で!

このブログを見てくださってありがとうございます。おはようございます、こんにちはそしてこんばんは!

 

秋と言えば…皆さんはどのようなイメージがありますか?

食欲の秋?それともスポーツの秋?

秋と言えば、ライトショアジギングの季節です!(無理やり)

体を動かして、食欲も満たせて最高ですよ!

 

というわけで

今回は僕が今使っているライトショアジギングのロッド、

ジグキャスターMXについて書きます。

 

 

 


f:id:Kaede-Fishing:20161014000926j:image

位置付け

ダイワのショアジギングロッドには何種類かあります。

上から順に

ショアスパルタン

ショアスパルタン コースタル

ショアスパルタン スタンダード

ジグキャスターMX

ジグキャスター

となっています。

 

ここで、一つ注意点があるのですが

名前が似ているジグキャスターとジグキャスターMXは性能は全く違います。

長く使えるのは断然MXの方だと思います。

なんと言ってもジグキャスターMXには

バットパワー強化のXトルク、オールSicガイドが搭載されています!!

その分、少し高くはなってはしまいますが

全く不満なく2020年現在でも現役です。

 

ショアジギングを始めるにあたってとりあえずの一本ならジグキャスターもいいと思いますが、

ソルパラなどからちょっとでもいいものを買おうと思ってジグキャスターを検討している方は

もう少し上のジグキャスターMXかメジャークラフトのクロステージ(Kガイド・オールSicリング)がコストパフォーマンス高く良いのではないかと思います!

 

クロステージは新しくなってますね。

 

性能・スペック


f:id:Kaede-Fishing:20161014000905j:image

ジグキャスターMXの最大の特徴はその軽さにあります!

ジグキャスターMX 96Mの重量は205gです!(シマノのコルトスナイパーS1000Mの重量は247g)

他社の製品と比較してどうこういったところでそれぞれの特徴があるので一概には言えませんが、この竿の軽さから言えることは、感度がいいということ、そして細いため振り抜きやすくしゃくりやすいということです。

ショアジギングに感度なんているのかという方もいるかもしれませんが、特に40g前後のジグをキャストするようなライトショアジギングでは潮のヨレや潮目なんかを感じながら繊細な釣りができるという楽しみもあります。

そんな中でも、バットパワーは十分にあります!

青物がかかっても反発力で浮かせることができます。

あとしゃくるのが楽です。

ティップの追従性も抜群です!

青物のような強烈な引きの魚だけではなく、タチウオでもあたりを弾くことなくすんなりとキャッチすることができますよ!

ショアクリやすさについてはいうまでもありませんが、反発力を活用してキビキビとしたシャクリ、アクションができます!

 

というわけでルアー釣りに汎用性の高い軽量のロッドと言えますね!

 

ライトショアジギングに最適の硬さはコレ!タチウオにも使えます。

 

これまでの釣果については過去の記事をご覧ください

 

hobbyfishing.hatenablog.com

 

 

hobbyfishing.hatenablog.com

 

 

釣行前や道具、場所選びの際にはこのぶろぐを参考にしてみてくださいね!

ぜひ、読者登録お願いします→ 

 

ぶろぐ村に登録したのでよかったらクリックお願いします(^^)

 

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

 

それではまた (^^)ノシ